あなたの笑顔を取戻す|効果がすぐ出る育毛剤

メンズ

agaの原因と治療方法

男性ドクター

aga治療では、男性ホルモンの変化を止める育毛剤や薬が使われています。具体的には、5αリダクターゼという酵素の働きを抑える育毛剤や薬です。また血行不良もagaの原因なので、それを改善する注射がおこなわれることもあります。さらに、血液から抽出した成長因子を頭皮に注入するというaga治療もあります。

イチオシリンク

  • おすすめ育毛剤ランキング

    有効成分や育毛効果について詳しく書かれています。育毛剤の効果に関する情報サイトなら、適したものを一つ選ぶのにはうってつけのところです。

治るものではある

先生

AGAの劇的な改善を求めるのなら、メソセラピーというものがオススメです。直接頭皮下へとアプローチするため、薬液や有効成分をしっかり届けることができるのです。大阪ではクリニックや医療機関で対応しています。

ダメージを避ける

顔を覆う男性

直射日光は薄毛に悩んでいる人にとっては注意しなければいけない要素の一つです。直射日光によって紫外線を浴びることになり、更に頭皮の温度が上昇します。薄毛の改善策として発毛に必要なタンパク質と亜鉛をしっかり摂取すること、頭皮の血行を促進させることを心がけましょう。

薬剤で発毛促進

ヘアケア用品

多彩な成分

薄毛や脱毛が心配な場合、多くの人が市販の育毛剤を使用されていますが、効果があるのか気になる場合には有効成分と期待される作用に着目することもポイントです。市販の育毛剤に含まれる主な有効成分には、末梢血管拡張剤という頭皮や毛根への血流をよくする成分をはじめ、毛髪代謝活性化剤という毛母細胞へのエネルギー供給や酵素の活性化を図る成分が配合されています。効果が期待できる内容としては、毛を太く早く伸ばす、休止期毛包を成長期へと移行させるなど、発毛を促進させる作用が挙げられます。育毛剤の成分も作用も多彩ですが、発毛を促進させるためには髪になるケラチンを作る毛母細胞と血流改善がポイントで、現在市販されている多くの育毛剤はどちらかに特化しているのが特徴です。

二種類を使い分け

自身の薄毛や抜け毛の原因によって育毛剤は選ぶべきです。全体的に脂っぽく、血行不良とは関係がなさそうな人でも、ある時期から髪の毛が細く短くなり、ボリュームが気になるようになった場合にはペンタデカン酸グリセリドなどの毛母細胞活性化タイプの育毛剤が効果的です。一方、血行不良や体調不良などで髪の毛に十分な栄養を届けることができていない場合、血流改善タイプの育毛剤が効果的です。一概には言えないものの、寒くなると手足が冷えて胃腸が弱く、髪の毛のトラブルとしてはある時期から急に抜け毛が増えて本数が減るパターンが血流改善タイプには多い特徴があります。この場合、頭髪が産毛のように細くて短く、頼りなくなる現象があまり見られないため、センブリエキスやビタミンE誘導体などが適しています。